中国は電気自動車に力を入れており、日本などの海外に電気バスを輸出しているほどだ。それに対し、日本は水素自動車の分野で世界を先駆けている。「東京モーターショー2019」でトヨタ自動車は、2代目となる本格的な量産型の燃料電池車(FCV)「ミライ」を投入し、国内での水素社会実現のため「月間1000台規模」の販売を目指すと発表したという。中国メディアの今日頭条は22日、日本の水素自動車と中国の電気自動車を比べる記事・・・・

続きを読む