日本経営管理教育協会が見る中国 第612回 ――永野剛

 9年前の震災当日。私は仙台にたまたま帰省中だった。

 街(仙台の人は駅前や繁華街アーケードなどに行くことを「街に行く」と言う)にいたが、大地震が発生しジェットコースターの如く天地がぐちゃぐちゃな世界のあと、海沿いからはもくもくと黒煙が数ヶ所から立ち上っていた。仙台新港のコンビナートからだと後でわかった。 続きを読む