ノーベル賞と言えば世界中が注目する名誉ある賞だが、これまで何人のノーベル賞受賞者を輩出したかは、その国を実力を測る物差しの1つと捉える見方もある。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本が数多くのノーベル賞受賞者を輩出していることについて、「日本はなぜここまで有言実行の力があるのか」と驚きを表す記事を掲載した。

 記事は、毎年ノーベル賞の受賞者が発表される時期になると、中国人の多くは「中国人の受賞を期待してしまう」と指摘し、それは「自国から受賞者が出れば非常に誇らしいから」だと主張。しかし、中国人が自然科学分野のノーベル賞を受賞したのはこれまで屠ユウユウ氏のみとなっており、中国人からすると「隣国の日本が多くの受賞者を輩出していることに大きな距離を感じざるを得ない」と論じた。

 続けて、日本政府が2001年に「50年以内に30人のノーベル賞受賞者を輩出する」という目標を打ち出したことに触れ、当時は多くの日本人ですら「不可能な目標」と思ったはずだと主張する一方、今やこの目標はすでに半分以上が達成されていると強調し、「日本はなぜここまで有言実行の力があるのか」と疑問を投げかけた。

 記事は、日本から多くのノーベル賞受賞者が輩出されている要因の1つとして、「教育や研究に充てる資金が他国よりも多い」とし、日本は過去30年間にわたってアジアで最も多くの金額を教育や研究に投じてきたと指摘。また、教育の分野では「子どもが自然界に関心を持つようなカリキュラムが組まれ、読書も推奨されている」と紹介し、こうした点は中国と大きく異なると強調した。

 他にも、日本社会では「研究者や文化人は社会から尊敬される立場」にあるとし、日本の紙幣に印刷されているのは「天皇でもなければ政治家でもなく、科学者や教育家、文化人である」と指摘した。

 ノーベル賞を受賞するまでには、長期にわたる研究の積み重ねが必要であるうえ、努力が必ずしも報われるわけでもない。中国では「中国人は長期的な視点が欠けており、すぐにお金になる研究しかしたがらない」という指摘が見られるが、お金になるかどうかだけで判断していては、ノーベル賞受賞は難しいのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)