根強い反日感情が存在する中国では、日本旅行に行ったり、日本製品を購入することに対して批判的な人が存在するものの、こうしたなかでも日系車は販売台数を伸ばし続けてきた。

 中国メディアの百家号は19日、日系車の信頼性の高さや燃費性能の良さについて論じる記事を掲載し、「これが日本製品の実力なのか」と驚きを示す記事を掲載した。

 中国の自動車市場は世界最大とあって、各国のメーカーが参入して激しいシェア争いを展開しているが、記事は「各自動車の特徴は国によって大きく異なる」と指摘し、日系車の特徴といえば「低燃費、高信頼性、そしてエコ」であり、さらに安全性も非常に高いと強調した。

 さらに、広汽ホンダの中国専用電気自動車(EV)である「理念(Everus) VE-1」を取り上げ、このSUVは「ものすごい車だ」と紹介し、なぜなら走行距離100キロメートルあたりの電力消費は14kWhであり、中国の電気代で換算すると1キロメートルあたり1.1円ほどしかかからない計算になると指摘。低燃費は日系車の特徴だが、VE-1はまさに低燃費を体現したようなEVだと主張した。

 さらに、VE-1がすごいのは燃費性能だけでなく、加速力の高さや航続距離の長さも同様だと指摘し、「VE-1は正真正銘、日本製品の実力を証明する車だ」と驚きを示した。また、広汽ホンダは最長8年または走行距離15万キロメートルまで、バッテリーの品質保証を打ち出していると紹介。中国ではSUVが大人気だが、記事は「中国の自動車業界ではVE-1の前途は明るいと見られている」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)