現在、中国では脳心血管病の発生率が増加傾向にある。しかし、日本は世界的にも心臓疾患が少なく、脳心血管病の罹患率も低い。その理由はどこにあるのだろうか? 中国メディア三九養生堂はこう語っている。

 一つ目の理由は、ストレス。中国は子供のころから激しい競争にさらされる。さらに、急激な経済発展に伴い仕事で常にストレスにさらされ、食事の時間もままならないビジネスマンも多い。そのため、ついつい栄養・・・・

続きを読む