日本はここ数年、国内総生産(GDP)で世界第3位をキープしている。2010年に中国に抜かれるまでは世界第2位だったが、第2次世界大戦で焼け野原になった敗戦国の日本が、ここまで発展できたのはなぜだろうか。中国メディアの百度は20日、「資源が乏しく、人口も少なく面積も小さい日本は、いかにして戦後の急速な発展を遂げたのか」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、日本がいかに資源の乏しい国である・・・・

続きを読む