中国メディア・東方網は18日、「中国人と一緒に食事をしたがらない日本人がいるのはなぜか」とする記事を掲載した。

 記事は、日本は文化面で中国と似ている部分が多いとする一方、特に、飲食の文化にかんしては気候風土の違いや歩んできた歴史の違いから異なる点も少なくないと紹介。以前に一部の日本人ネットユーザーが「中国人と一緒に食事したくない」と語るのを見たとしたうえで、そのように思う理由を考察している。

 そして、「中国人と一緒に食事したくない」と思う日本人がいる主な理由は、食事に対する考え方の違いによるものだとし、大部分の中国人は食事の際に大声で賑やかにしゃべりながら食べるのを好み、特に外食では一層賑やかさを増すのに対し、「食事は静かにとりたい」と考える一部の日本人が強い不快感を覚えるのだと解説した。

 また、中国人は特にお酒が入る時には大いに騒ぎながら各々が心を通わせあい、関係を作ろうとし、大騒ぎすることがモラルの低い行動とは考えないと説明。しかし、日本人はそのようには考えず、他の客もいる公共の空間で周囲の人の気持ちも考えずに大声で騒ぐというのは「モラルのなさの表れ」と認識するとし、それゆえに中国人と一緒に飲んだり食べたりしたがらない日本人が一部に存在するのだと論じている。

 記事は、日中両国の文化的な違いが往々にして誤解を生むとしたうえで、外国に赴いた際には現地の文化や習慣、考え方を尊重すべきだと結んだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)