近年、日本からは毎年のようにノーベル賞受賞者が出ているが、中国メディアの百家号はこのほど、日本にはその科学技術力の高さを証明するハイレベルな実験室や観測装置が複数存在すると紹介する記事を掲載した。

 記事がまず紹介したのは、素粒子ニュートリノの検出に成功した観測装置「カミオカンデ」だ。小柴昌俊氏はニュートリノの実在を証明した功績で2002年にノーベル物理学賞を受賞している。現在は後続機であるスーパーカミオカンデが稼働しており、カミオカンデの跡地には反ニュートリノ検出器「カムランデ」が建設され、観測が行われている。

 さらに、核融合科学研究所にある核融合実験装置「LHD」も非常にハイレベルな装置であり、ヘリカル型と呼ばれる極めて設計が難しい構造が採用されていると紹介し、世界でもヘリカル型装置は非常に少ないと指摘した。

 続けて、重力波望遠鏡「KAGRA」についても紹介し、スーパーカミオカンデと同じ旧神岡鉱山内にある「KAGRA」は極めて高い精度を持つ重力波望遠鏡であり、「将来のノーベル賞受賞者を生み出す装置であることは疑いようがない」と指摘した。また、東京大学宇宙線研究所の素粒子観測施設「XMASS(エックスマス)」や日本最大の粒子加速器「SuperKEKB(スーパーケックビー)」についても触れ、これらの施設や観測装置はいずれも日本の将来におけるノーベル賞受賞を「保障するような存在」だと強調した。

 記事は、日本が2001年に科学技術基本計画で「50年間にノーベル賞受賞者30人程度」を輩出するという目標を定めたものの、すでに半分以上を達成していることについて触れ、「日本はその科学技術力の高さを証明する装置や施設を通じて、今後もノーベル賞受賞者を輩出し続けるだろう」と主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)