日本語と中国語はどちらも漢字を使う文化である。こう見ると共通点が多いように見えるが、実際は日本語と中国語とは似て非なるもの。多くの点で違いがある。まず、文法。中国人学習者は日本語の動詞の変形、敬語、外来語の発音などに泣かされる。日本人に尋ねても「そういうものだから」という答えしか返ってこない。では、逆に日本人が中国語を勉強するのはどうなのか。結論から言えば、中国語の学習はやはり日本人にとってもとても苦労するらしい。中国メディア千秋日本語網校は日本人が中国語を学ぶときに苦労する点をいくつか紹介している。

 まずは発音の難しさ。中国語で26の母音、23の声母がある。日本語は平たく発音する音が多く、中国語には日本語にはないそり舌音や声調があり、どれも日本人泣かせの発音だ。さらに中国にはたくさんの方言があり、各地の方言と標準語といわれている中国語の差が激しい。それで、中国語を話せる日本人でも、発音はやはりどうしても「日本式」になってしまうのだ。

 さらに語彙の難しさがある。日本と中国では同じ漢字が用いられることがあるが、意味は全く異なることがある。例えば中国語の「愛人」は日本語では「夫または妻」を指す言葉だが、日本で「愛人」は不倫相手を指す。ちなみに中国語で不倫相手は「小三」という。中国語の「小人」は人徳のない人という意味だが、日本語では「こびと」を指す。

 さらに、漢字の違い。中国語には繁体字、簡体字があり、これも中国語を学ぶ日本人には区別がつきにくいようだ。中国語には量詞が数多くあり、すべてをマスターするには並大抵の努力が必要だ。

 そして、文法の難しさがある。日本人が中国語を学ぶときに日本語の母音の影響を受けるため、文法表現の順番が変わってしまうことがある。

 最後の点としては、中国人は勉強熱心で日本語を話せる中国人がたくさんいる、という点も日本人の学習を困難にしている、とのこと。どういうことだろうか。中国語が話せる日本人より、日本語が話せる中国人が多い。日本人が中国語をマスターしなくても事足りてしまうことが多いため学ぶ必然性がなくなってしまう。そういう意味で中国語を学ぶほうが難しい、とコメントしている。(編集担当:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)