中国でも街中に「スーパーマーケット」は存在するが、同時に人びとの食卓を支える存在として昔ながらの「生鮮市場」も至る場所に存在する。中国の生鮮市場では近隣の農家や畜産業者などから仕入れた野菜や肉が売られており、価格はスーパーより割安であることが多い。

 しかし、生鮮市場で売られている食材は割安なぶん、野菜が小分けになっていなかったり、土などの汚れがそのままついていたりすることが多い。また、肉も野菜もベニア板のようなものにそのまま並べられていて、衛生管理が徹底されているとは言い難いのが現状だ。

 中国メディアの新浪は16日、日本と中国の生鮮市場は「まったく違っていた」と驚きを示す記事を掲載し、日本の生鮮市場は「売り物も、市場そのものも清潔だった」と伝えた。

 記事は「中国人ならば日本が清潔な国であることはよく知っているはず」だと指摘し、「日本ではコンビニなどにあるごみ箱付近すら、非常に清潔だ」と紹介し、こうした清潔さは日本人の環境保護意識と日本の環境政策によって実現されたものだと主張した。

 続けて、日本と中国の清潔さの違いを顕著に示す場所が「生鮮市場」であると伝え、日本の生鮮市場の内部は「裸足で歩いても足が汚れないほど地面は清潔」であり、売り物は整然と並べられているうえに「売り物にも汚れがなくて、見るからに清潔感がある」と強調した。

 さらに、日本の生鮮市場で売られている野菜は「調理前に洗う必要すらないのではないかと誤認してしまうほどだ」と強調し、泥や土がついていて、農薬が大量に残留している可能性があると言われる中国の野菜とはまったく違っていると伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)