これまで、中国で数多く制作され、テレビで1日中放送されてきた抗日ドラマ。あり得ない設定やストーリーが多く、ネット上ではその荒唐無稽ぶりを揶揄して「抗日神劇」という造語もできたほどだ。最近ではあまりの質の低下に、当局による規制が入るようになったようだが、中国メディアの百度は12日、「日本人が抗日映画を見たらどう反応するか」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、抗日ドラマを「中国の特色の1・・・・

続きを読む