食品を生で食べる文化のない中国。スーパーに行けば、サーモンなどの刺身が販売されているものの、生モノを食べることに抵抗を感じる人が絶対多数を占めていると言えるだろう。しかし、近年は多くの中国人が日本を訪れるようになり、日本の食文化に触れる機会を持つ人が増えているが、それでも刺身だけは受け入れられないという人も多いという。

 中国メディアの新浪は11日、日本人が魚介類を生で食べることは中国人も広く知っていると指摘する一方、驚くべきは「馬の肉ですら刺身で食べる」文化があることだと紹介する記事を掲載し、「馬刺しを食べる勇気のある中国人はどれだけいるだろうか」と読者に問いかけた。

 記事はまず、近年多くの中国人が海外旅行を楽しむようになっているが、渡航先として人気なのは日本であり、多くの若者が日本を渡航先として選択していると紹介。そして、中国人に日本が人気である理由は、日本の美しい景色のほかに、「日本の美食」があると伝えた。

 続けて、日本の美食として有名なのは「刺身」であり、その存在は中国人もよく知っていると指摘。日本人からすれば、刺身は食材の本来の味を直接味わえる食べ方であり、鮮度が良くなければ刺身にはできないことから、一般的に高級料理として扱われているが、記事は「驚くべきは魚介類のみならず、日本では馬の肉まで生で食べられていることだ」と指摘。中国人にとっては魚介類を生で食べることすら「気持ち悪い」のに、馬の肉を生で食べるなど到底考えられないことであり、「馬刺しを食べる勇気のある中国人はどれだけいるだろうか」と論じた。

 中国人にとって、日本の生食文化は受け入れられないものであるようだが、逆に中国にも日本人には驚きの食品がたくさん存在している。例えば、孵化する直前の鶏やカモの卵を茹でて、中のスープや肉が食べられている。中国でも食べる習慣のない人からすれば抵抗を感じる食べ物であるが、地域によってはご馳走として食べられていて、夜になると街で売り歩く人がいて、夜食として人気がある食べ物だ。中国を訪れる機会があれば、中国ならではの食べ物を試してみるのはいかがだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)