中国人の民度は全体的に日本人より劣っていると受け止めている中国人は少なくないようだが、中国メディアの今日頭条はこのほど、「非常に高いと言われてきた日本人の民度も、年々低下しているのではないか」と主張する記事を掲載した。

 近年、日本を訪れる中国人が増え、中国のネット上でも「日本人は礼儀正しく、責任感を持って真摯に物事に取り組む」、「日本人は他人に配慮し、周囲に迷惑をかけない」、「日本ではどこへ行っても秩序が保たれ、どこでも質の高いサービスが受けられる」と日本を称賛する声は増えている。

 しかし、記事の中国人筆者は「中国で生活する日本人の振る舞い方や日本の街中での人びとの態度」を見ていると、「日本人の民度は年々低下しているように感じられる」と主張。中国人筆者が初めて日本人の民度に疑問を持ったのは、20年ほど前に仕事の都合で頻繫に東京と上海を行き来していた頃で、「東京では厳格に秩序を守って生活する日本人でも、上海で生活すると人目を気にせず大声で話すようになり、信号を無視し、好き勝手に振る舞うようになった」と主張。

 またここ数年、日本を訪れた際にも、身なりのきちんとした日本人が「乗り物の座席を強引に取る」姿や、人が密集する場所で日本人同士が怒鳴りあっているのを見かけたと指摘。これまでの日本人はお互いに譲り合い、すぐに「すいません」と謝るイメージだったと指摘する一方で、「互いに怒鳴っている光景は衝撃だった」と伝えた。

 もちろん日本人は本質的に礼儀正しく、規則や時間を守り、親切としつつも、「非常に高いと言われてきた日本人の民度も、年々低下しているのではないか」と感じると主張した。

 こうした記事の主張に対して、中国人ネットユーザーからは「日本人の民度はアジア随一なのは間違いないが、あくまでもそれは法律や他人の目があってこそのものだ」という声が寄せられており、それゆえ日本人も中国で暮らすようになると「人目を気にせず大声で話したり、信号を無視したり」と、中国人と同じ行動を取るようになるのだという意見が見られた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)