中国で新型コロナウイルスの感染が拡大した際、日本から様々な支援物資が寄付されたが、寄付品に付された友好的な漢文のメッセージが中国で大きな話題となった。中国メディア・今日頭条は9日、「日本の漢文教育は、100年反対の声がありながらそれでも続けられてきた」とする記事を掲載した。

 記事は、明治維新を経て西洋文化が急速に取り入られる一方で、学校教育においては漢文がなおも重んじられていたと紹介。・・・・

続きを読む