日本政府が中国と韓国からの入国者に対して2週間の隔離を行う方針で調整していると報じられたことについて、中国では大きな注目が集まっている。近年、日本は中国人の間で人気の旅行先となっていたためであり、桜のシーズンを前に日本旅行を検討していた中国人も少なくなかったはずだ。

 中国メディアの今日頭条は5日、日本国内の報道を引用したうえで「中国人はしばらく日本に行かないほうが良い」と伝えたところ、中国のネットユーザーからは「日本に行かないなんて、当たり前」などの声が寄せられた。

 読売新聞は5日、「政府は5日、新型コロナウイルスの感染防止策として、中国と韓国からの入国者全員について、検疫法に基づき、医療施設などで停留するか、政府指定の施設で2週間隔離したうえで入国許可を出す方向で調整に入った」と報じた。こうした措置に対し、中国や韓国では反発の声も一部あるようだが、中国のネット上ではまた違った反応も見られる。

 記事に寄せられたコメントを見てみると「日本の措置はあまりにも遅すぎた。市中に感染が広がった今となっては、むしろ中国国内の方が安全だ」、「日本に行けと言われても、もう行きたくない」、「中国の方が新型コロナウイルスを制御できている。日本を訪れることの方が危険だ」といった声が多く寄せられていた。

 一方、中国の簡易投稿サイト・微博(ウェイボー)での反応を見ると、「桜が咲いたら花見に行きたかったが仕方がない。感染拡大を防ぐには正しい措置だ」、「日本がんばれ! なんとか感染拡大を防いで欲しい」といったコメントが見受けられた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)