「親の顔が見てみたい」、あるいは「この親にしてこの子あり」といった言葉が示すとおり、子が親の性質を良くも悪くも受け継ぐケースは少なくない。中国でも親の立場にある人たちは子どもの教育に大きな関心を抱いているが、日本には中国で「熊孩子(ションハイズ)」と呼ばれる「わがままで大人の手に負えない子ども」がほとんどいないことに多くの中国人は感心するという。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本・・・・

続きを読む