日本の方は中華料理が大好き、日本には数えきれないほどの中華料理店があります。日本で仕事していると、よく取引先の方や同僚から中華料理に誘われます。気持ちは嬉しいのですが、はっきり言って日本人に美味しい中華に連れてってもらったのは、超高級中華以外ありません。中国人が美味しいと思うお店と日本人が美味しいと思うお店は全然違います。

 日本にある中華料理の多くは広東料理と東北料理。私は上海出身なので、砂糖は使わない東北料理と辛い四川料理は苦手です。広東料理は無難で好きです。日本の方は中国人と中華料理を一つのジャンルにしてるんじゃないかなと思いました。中国人であっても、出身地によって好みの味付けが異なります。日本には関東風と関西風などがあるように、中国は大きく分けて、山東料理・四川料理・江蘇料理・広東料理・安徽料理・浙江料理・福建料理・湖南料理の8つの菜系があります。

 日本に来て驚いたのは、上海での定番メニューは日本ではマイノリティだった。日本の方と中華料理食べに行くと、よく「麻婆豆腐」や「エビチリ」「酢豚」などを頼まれます。これらの料理、私は日本に来るまで料理屋さんで頼んだことがありません。もちろん中国の料理屋さんのメニューにも載っていますが、他にも多くのメニューがあります。私が上海でよく注文するのは、前菜に「鳩のロースト(鹵鳩)」「レンコンの餅米つめ(糯米蓮藕)」、メインは「牛肉のオイスターソース炒め(蛎油牛肉)」「豆腐の蟹味噌あんかけ(蟹粉豆腐)」「茹で海老(白灼虾)」「スペアリブの黒酢炒め(糖醋排骨)」。みなさんは何品食べたことありますか? 他にも私が好きで、日本であまり見かけない中華料理がいっぱいあります。このように、実は日本人の中華料理の認識はローカルな中国人とはずれているんです。

 近年、中国系企業の日本進出が増え、中国系企業に務める日本人はとてもラッキーだと思います。ローカルの人が好きな美味しい中華料理屋に連れっててもらえます。日本の方がもし接待や食事会で中華料理屋さんをセッティングされる場合は、まず招待したい相手の出身を調べた上でお店を予約した方が、懐かしい故郷の味はきっと喜ばれると思います。(写真は、筆者であるアンジー・リーさん。上海出身、タレント・ラジオDJとして活動中)