中国で発症した新型コロナウイルスによる影響で、マスクや手袋、消毒液などが不足し、各国から多くの物資が中国へ送られている。段ボールには「武漢加油!(武漢がんばれ)」などのメッセージがつづられている。さらに、日本からの段ボールに中国人の心を打つ漢詩が書かれており話題になっている。

 これらのメッセージを受け取った中国人たちは感激し「日本人は中国人よりも中国文化を理解している!」と話題になっている。中国メディア西洋参考がそのいくつかを紹介している。

 一つ目のこの漢詩は王昌齢の「送柴侍御」から取られた言葉。

 青山一道同雲雨,明月何曾是両郷(二つの場所の山には同じ雲が架かり、あなたが見る月はわたしもまた見ている)

 つまり「離れていても心は同じだ」との思いが込められている。

 さらにもう一つ紹介しよう。

 山川異域,風月同天(住む場所が異なっていても風月の営みは同じ空の下でつながっている)

 この漢詩は天武天皇の孫である長屋王が、唐の高僧鑑真に当てた言葉といわれている。約1300年前に贈られたこの言葉には「たとえ国が違っていても私たちは皆同じ空の下に住む仲間だ」とのメッセージが込められており、感動を生んでいる。

 最後に、古代中国歌集「詩経」からとられたメッセージを紹介しよう。

 豈曰無衣,与子同袍 (着る服がない人はいるか。では一緒に同じ衣を着よう)

 この言葉には「困った状況では助け合うのが当たり前だ」とのメッセージが込められている。

 これらのメッセージを見て「(今までのことを振り返ると)情けない・・・」「日本人が自分たちの気持ちをよくわかってくれているのがわかる」というコメントが寄せられている。

 今回の新型コロナウイルスの大流行は、まさに未曾有の事態とも言えるが、一方で様々な場面で助け合いの精神も見られている。日本からの心温まるメッセージが多くの中国人の感動を呼んでいる。(編集担当:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)