中国では度を越したいたずらをするなど、親の手に負えない子どもを「熊孩子(ションハイズ)」といい、近年は熊孩子が増えていると言われる。それゆえ日本の子どもは非常に聞き分けが良く、自主性もあると中国人を驚かせているようだ。中国メディアの新浪は8日、日本の子どもが「食事の際でも行儀が良いのはなぜか」と題する記事を掲載した。

 中国では、長く続いた一人っ子政策と祖父母が子どもの世話をするという習・・・・

続きを読む