中国メディア・東方網は10日、「われわれは日本の農業の成功した部分ばかりを見ており、その背後にある試行錯誤を見ていない」と題し、狭い土地にもかかわらず大規模な生産と機械化を実現した背景に、1960年代ごろから始まった耕作地の標準化があるとする記事を掲載した。

 記事は、大規模化と機械化というと広大な土地を持つ欧米の農業を思い浮かべる一方、日本のような土地の狭い国とはイメージが結びつかない・・・・

続きを読む