近年の中国では生活習慣病の若年化が指摘されているほか、子どもの肥満も増加していることが問題となっているが、子どもが健康に成長するためには、発育の段階に応じた適度な運動と栄養バランスのとれた食事は欠かせない。この点、親や学校教育の果たす役割は大きいといえるが、中国メディアの今日頭条は1日、「日本の体育の授業は中国のロールモデルとして参考にするに値する」と主張する記事を掲載した。

 中国では・・・・

続きを読む