日本で働く外国人労働者は昨年、技能実習生が大幅に増えたことなどから165万人を超えて、過去最多を更新した。その中で最も割合が多いのが中国からの労働者で、次いでベトナムだった。中国メディアの今日頭条は4日、日本に働きに行く人は皆「日本を好きになる」として、その理由を分析する記事を掲載した。

 記事はまず、日本にはいかに外国人が多いかを紹介。2018年末の在留外国人は273万人で、そのうち若者が占める割合も多く、高齢化社会の日本では貴重な労働力になっていると指摘している。実際に日本ではコンビニをはじめとするサービス業の多くで外国人労働者をよく見かけるのではないだろうか。

 では、なぜ日本で働いた経験のある中国人は「日本が好きになる」のだろうか。記事は、中国人には日本の会社はブラックだという印象があると紹介。しかし、今では労働基準法が厳しくなっていて、「上司が残業していると帰れない」というのは昔の話だと指摘した。そのため働きすぎる心配はないと伝えている。

 日本はさらに、外国人労働者に対する保障制度もしっかりしていると紹介。医療費も自己負担は3割ですみ、まじめな労働者ならば十分な稼ぎが期待でき、日本で生活するのは貴重な経験にもなるので、日本から帰ってきた人は「みんな日本に行ってみるべきだと話す」という。

 ほかにも、日本は比較的、永住権を取りやすい国であることや、空気がきれいで交通も便利で、食べ物も安全で栄養があるので安心できると日本の魅力を伝えている。日本は、海外からの労働者にとって働きやすく住みやすい国になっているようだ。日本は少子高齢化でこの先労働力不足となることは確実であるため、外国人労働者は貴重な労働力だ。日本が今後も外国人労働者の働きやすい環境を確保していくことは重要な事と言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)