同じ食材でも地域によって調理法や味付けが大きく異なるだけでなく、その販売方法も変わってくると言えるだろう。中国メディアの新浪は1日、「中国の豚肉の売り方と日本の売り方は大きく異なり、その違いは一目瞭然だ」と伝える記事を掲載した。

 中国人はあらゆる肉を食べるが、記事は「豚は牛と比べて飼育し易く、価格も安い」と指摘し、中国人にとって豚肉は「非常に身近な食材」となっていることを指摘し、中国の生鮮市場に一歩踏み入れば「すぐに豚肉が目に入るほど」だと主張した。

 中国でよく見られる豚肉を売る風景と言えば、「大きな台の上にずらりと並べられた豚肉の塊」もしくは「吊るされた豚肉の塊」で、客は一目で豚の生育状態や肉質を見定めることができる。

 また、部位ごとに並ぶ肉は量り売りされるが、骨や皮が付いたままであることも多いため、必要な部分を店主に伝えて用途に合わせて切り分けてもらうのが一般的だ。中国では食品の安全性や鮮度が気になるところだが、これは「消費者側」が注意しなければならないことで、鮮度や品質を買う前に自分でよく見極める必要がある。

 これに対して記事は、「日本の販売方法は大きく異なっている」と紹介。日本人にとっては普通の光景だが、「冷蔵の陳列棚に部位ごとにカットされてパック済みの肉が並べられ、すでに値段が貼られている」と説明。この方法は売る側にとっては商品を整然と陳列することができ、買う側にとって衛生的であるうえに、スーパーマーケットの中で他の商品と一緒に買い物するには非常に便利だと指摘した。

 このように日中では「肉」の販売方法が全く異なり、日本人が中国の生鮮市場を見れば驚くことだろう。しかし、中国人が日本のスーパーを見ても融通が利かないと感じ、自分の目で確かめる方が信頼できる販売方法と感じるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)