中国メディア・今日頭条は1月31日、卓球ドイツオープンに参加した日本人選手をはじめ各国の選手たちが、新型コロナウイルスの感染拡大の続く湖北省武漢市に声援を送ったと報じた。

 記事は、ドイツオープン2日目を迎えた31日に国際卓球連盟が動画を発表したと紹介。動画では大会に参加した各選手が武漢に応援メッセージを送っているとした。

 まず、馬龍選手、丁寧選手、孫穎莎選手などの・・・・

続きを読む