中国メディア・東方網は1月31日、東京五輪の男子サッカーについて、日本と韓国のサッカー協会がそれぞれ大きな目標を掲げたとする記事を掲載した。

 記事はまず、日本代表について先日のU-23アジア選手権でグループリーグ敗退という屈辱的な結果に終わり、フル代表との兼任である森保一監督に対する批判が強まったと紹介。日本サッカー協会は森保監督の続投を決める一方で、東京五輪でメダルを獲得できなければ・・・・

続きを読む