日本では軽自動車の人気が非常に高い。2019年の1年間の新車販売台数を見ると、上位モデルはホンダN―boxを筆頭に6位まですべて軽自動車で占められていた。なかでも、子どもが立ったまま着替えることができる高さと、荷物や乗り降りに便利な両側スライドなどの特性を備えたトールワゴンの人気が目立った。

 日本市場では絶大な人気を誇る軽自動車だが、日本独特の規格のため、中国などの海外でほとんど見られない。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の自動車文化から学ぶべきだとする記事を掲載した。

 日本と中国の自動車文化にはどんな違いがあるのだろうか。記事は中国人にとっての自動車は「ステータス」であると分析。つまりは「メンツ」のために自動車を購入するので、大きくて高級な車に人気が集まる傾向がある。

 では、日本の自動車文化はどうなのだろう。記事は、日本人にとって自動車は「道具」だと紹介。低コスト・低燃費ながら広くて乗りやすい軽自動車はまさに日本人の求める実用的な「道具」なので、人気があると伝えている。中国のように自動車のランクでマウントしあう社会ではないというわけだ。

 さらに、日本と中国の自動車文化には、国の「資源の豊富さ」も関係していると分析。日本では限られた資源を最大限生かすために軽自動車が生まれ広まったと論じた。

 日本でも、自動車で見栄を張る心理が全くないわけではないだろうが、日本人のほうがずっと実用重視なのは間違いないだろう。これに対して、寄せられたコメントを見ると、「中国がこうなるにはあと50年かかる」とため息交じりの人や、「日本では食べ物が高いので車にお金をかけられない」と推測する人など様々だった。また、「中国は排気量の大きい車を制限すれば良い」という案も提示されていたが、それは現実的ではなさそうだ。

 記事の中国人筆者は、中国市場も成熟すれば日本のようになると思っているようだが、メンツを気にするのは中国の国民性であり、その部分はなかなか変わらないのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)