「トンネルを抜けるとそこは雪国であった」で始まる川端康成の「雪国」は、中国人にも人気の小説だ。日本では小説のほかアニメやドラマ、映画などで「電車」が登場するシーンが非常に多く、日本人がいかに鉄道好きかをよく表していると言えるだろう。中国メディアの今日頭条は14日、「日本の鉄道はなぜこんなにも魅力的なのか」と題する記事を掲載した。

 記事は、日本人がいかに「鉄道好き」であるかを紹介。川端康・・・・

続きを読む