中国メディア・東方網は29日、サッカーアジアチャンピオンズリーク(ACL)で、日本勢が史上初めての「屈辱」を味わったと報じた。

 記事は、28日に行われた今年のACL出場権をかけたプレーオフにて、中国の上海上港が3-0でタイのプリーラムを破って本大会出場を決めたのに対し、日本の強豪鹿島アントラーズは豪メルボルン・ビクトリーに0-1で敗れ、ACL出場権を獲得できなかったと紹介。注目すべき点として、ACLプレーオフで日本のクラブが敗れるのは今回が初めてだと伝えた。

 そのうえで、鹿島は今季の日本勢では間違いなく最高の実力を持っていたクラブだったにもかかわらずプレーオフで番狂わせが起きてしまったと説明。相手にプレッシャーを与えながらついにゴールを奪えず、逆に相手に唯一のゴールを許してしまう結果になったとし「ACL王者奪還を狙う日本勢にとっては非常に大きな打撃となった」と評している。

 一方で、鹿島の敗退は中国勢にとっては「グッドニュースだ」とし、鹿島ではなくメルボルンが同じ組に入ることになった北京国安は、実力的に決勝トーナメントに出場できる望みが高まったと伝えた。そして、これまで3クラブが最高である中国勢の決勝トーナメント進出について、北京国安、広州恒大、上海上港、上海申花の4クラブが一緒に進出する史上初の快挙が見られる可能性もあると紹介した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)