中国メディア・東方網は29日、サッカーアジアチャンピオンズリーク(ACL)で、日本勢が史上初めての「屈辱」を味わったと報じた。

 記事は、28日に行われた今年のACL出場権をかけたプレーオフにて、中国の上海上港が3-0でタイのプリーラムを破って本大会出場を決めたのに対し、日本の強豪鹿島アントラーズは豪メルボルン・ビクトリーに0-1で敗れ、ACL出場権を獲得できなかったと紹介。注目すべき点・・・・

続きを読む