急激な経済発展を遂げた中国では多くの人がマイカーを所有するようになったが、それによる問題も起きている。大勢の中国人が車を所有したことで、多くの都市で慢性的な渋滞や駐車場不足といった弊害も発生している。中国メディアの今日頭条は19日、日本の駐車場をめぐる設計について紹介する記事を掲載し、「中国とは大きく異なっていて、どうりで渋滞しないわけだ」と伝えた。

 記事はまず、マイカーを所有する中国人にとって頭を悩ませる問題の1つが「駐車場」の確保だと紹介。だが、中国では駐車場を見つけることが非常に困難であるため、否が応にも駐車違反切符を切られてしまうことが度々生じていると伝えた。

 中国では駐車場の整備が急務となっているわけだが、人口あたりの自動車保有台数が中国よりも多い日本ではなぜ中国のような駐車場不足が生じないのだろうか。

 記事は、日本の駐車場は「その設計のすばらしさ」を認めないわけにはいかないと紹介し、日本では平置き駐車場ではなく、2段やそれ以上に車をリフトアップできる駐車場が普通に見られることだと写真と共に紹介した。

 さらに、日本は国土の狭い島国であるため、狭いスペースに多くの車を駐車することが出来るように、斜め45度で駐車するレイアウトがなされている駐車場も多いと伝え、これにより少ないスペースでより多くの車を停車させることが可能だと伝え、その工夫には学ぶべき点が多いと指摘した。

 中国では地下に駐車場が整備されたマンションが多くなっているものの、スーパーなどには駐車場が整備されていないことが多く、客は路上や歩道に駐車して買い物をする必要がある。そのため交通渋滞や事故の発生原因となっているのが現状だ。自動車保有台数が伸びている中国では、駐車場の整備が喫緊の課題となっている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)