ダイキンといえば日本の空調メーカーであり、中国でも高く評価されている。しかし、中国ではダイキンが日本メーカーであることを知らない人も少なからず存在するのだという。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、ダイキンについて「日本の空調業界における巨頭」であると指摘する一方、中国市場でしっかりと根を張っていることから「中国メーカーであると誤認している中国人消費者は少なくない」と伝える記事を掲載した。

 世界最多の人口を誇る中国には世界中の企業が進出しており、記事は「どの国の出身かがよく知られていない企業」は多いと紹介。たとえば「ヤクルトも日本企業であることを知らない中国人は多い」と指摘し、これはダイキンも同様であると強調した。

 続けて、ダイキンは中国に進出して以降、すぐに大きな存在感を示し始め、中国メーカーが太刀打ちできない存在になったと指摘。そして、ダイキンが中国に進出した当時はちょうど中国のエアコンメーカーが相次いで誕生した時期と重なったため、ダイキンが中国企業であると誤解している中国人消費者は少なくないと論じた。

 また記事は、ダイキンは中国のセントラル空調の市場において圧倒的なシェアを獲得しており、中国メーカーも追随しているもののダイキンの地位を揺るがすことはできていないと指摘し、これはダイキンがこれまで日本で培ってきた技術力が中国人消費者に認められた成果であると論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)