中国由来の食べ物で、日本で独自の進化を遂げた料理はたくさんある。餃子もその1つだが、中国人には日本の餃子の食べ方が邪道に感じられるのと同じように、日本人にとっても中国人の食べ方は理解できないものだ。中国メディアの新浪は23日、日本人から「なぜ中国人は水餃子を食べるのかと不思議がられている」と紹介する記事を掲載した。

 記事によると、最近ある日本人がネット上で餃子に関するスレッドを立てたそうだ。「焼き餃子はこんなにおいしいのに、なぜ中国人は水餃子にして食べるのか」という内容だ。スレ主によると、「一番おいしいのは、まず蒸してから焼く」食べ方で、焼くと周りがカリカリになって「格段においしくなる」そうだ。そこに特製のたれをつけるとよりおいしくなると紹介しているが、日本では餃子のたれというと酢醤油にラー油を付けるのが一般的だろう。

 それに対して中国人の食べ方について、スレッドでは「沸騰させたお湯に入れてゆでるだけの水餃子は簡単すぎるし、味が淡白になってしまう」と指摘していたそうだ。餃子の発祥地である中国としては、あまりにこだわりがなさすぎると感じたのかもしれない。

 水餃子は「味が薄い」というこの主張に対して記事は、「餃子そのものの味を楽しめる」と反論。それに食べなれた味のためか、水餃子に黒酢、辛い調味料の辣椒醤を付けて食べるのが一番好きだとしている。

 味の薄さに関しては、中国では餃子の具そのものにかなり味を付けるのが一般的だ。日本では餃子の具にバリエーションはあまりないが、中国では具の種類は極めて豊富で、具が異なる何十種類もの水餃子を提供する専門店もあり、黒酢を付けるだけでも十分においしくなるのも事実だ。また、日本とは皮の厚さも使う肉の脂肪分も違うので、単純に「焼き餃子と水餃子どちらがおいしいか」を比べるのは難しいかもしれない。

 記事の中国人筆者は日本で焼き餃子を食べたことがないのかもしれないが、日本の餃子は一般に焼きにする前提で作っているため、皮も餃子餡も、中国の餃子とはかなり違っている。台湾でも焼き餃子は「鍋貼」と呼ばれすっかり定着した人気メニューとなっている。筆者にもぜひ一度日本式の焼き餃子を食べてみてほしいものだ。きっと焼き餃子の良さが分かってもらえるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)