中国では今でも「抗日ドラマ」が制作、放映されている。近年は抗日ドラマの表現がどんどん過激になり、誇張した描写も随所に見られるようになり、手榴弾で戦闘機を打ち落としたり、手刀で人間を切り裂いたりと、実際にはありえない描写が含まれた抗日ドラマも登場、批判の対象となった。

 中国メディアの捜狐はこのほど、抗日ドラマの矛盾点に関する話題で日本人がネット上で盛り上がっていると紹介する記事を掲載した・・・・

続きを読む