中国では飲食店で食事をする際に氷水が提供されることはなく、白湯や温かいお茶が提供されるのが一般的だ。それゆえ日本の飲食店では「たとえ冬であっても氷水」が提供されることに多くの中国人は驚くという。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の飲食店では氷水が提供されることを紹介し、その理由を分析すると同時に「氷水を飲むことと、日本人の平均寿命が長いこと」には関係があるのかと疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事はまず、中国人の間には東洋医学の概念が深く染み付いていて、「体を冷やす行為は万病のもと」と考えられていると紹介。それゆえ中国人は冷たい飲み物や食べ物を避けると指摘し、他人に飲み物を提供したり、勧めたりする際にも必ず温かい飲み物を提供すると紹介した。

 一方、日本ではたとえ雪の降る寒い日でも、飲食店では「氷水」が提供されると伝え、「冬でも氷水を飲むとは、一体どのような理由があるのだろうか」と疑問を提起した。

 この疑問に対する理由として記事は、電気や冷蔵庫が貴重な時代に、大切な客だけが氷の入った冷たい水でもてなされた習慣が残っているためだと分析した。また、日本人の平均寿命が世界でもトップクラスである事実は、冷たい飲み物を飲んでも健康を害する原因にはならないのではないかと論じつつ、その真相ははっきりしていないと伝えた。

 体を温めることは健康にとってプラスになると言われるが、食事の時にわずかな氷水を飲んだくらいで寿命が縮まるとは考えにくいのではないだろうか。いずれにせよ、中国人と接する機会に白湯でもてなされることがあるかもしれないが、それは中国人の習慣であることを覚えておけば、過度に驚かずに済むだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)