日本は江戸時代に200年以上にわたって「鎖国」を行っていたが、1853年のペリー来航をきっかけに政治体制や工業体系は急激な変化をみせ、極めて短期間で国力は大きく伸びた。

 中国の清朝でも明治維新と同時期に洋務運動という国力増強運動が行われたが、洋務運動は一般的に失敗に終わったと認識されている。中国メディアの百家号はこのほど、「近代アジアにおいてなぜ日本だけが列強となり、世界の歩みについて・・・・

続きを読む