中国メディア・東方網は19日、日本から上海に向かう旅客機の操縦席ガラスが離陸前にひび割れしたトラブルについて「『中国機長』の映画が再現されかねなかった」とする記事を記事を掲載した。

 記事は、18日午前10時ごろに成田空港を出発する予定だった日本航空上海行き873便(ボーイング787-9型機)が滑走路を走行中、操縦室のガラスにひびが入り、急遽離陸を中止したと紹介。機長席正面の大窓のガラス・・・・

続きを読む