中国メディア・東方網は17日、ここ数年世界のトップクラスにある日本のバドミントン界の一角を担ってきた女子シングルスの強さに陰りが見えてきたとする記事を掲載した。

 記事は、松友美佐紀・高橋礼華ペアがリオ五輪の女子ダブルスで金メダルを獲得して以降日本のバドミントンが台頭し、この数年は女子ダブルスのみならず男子シングルス、女子シングルスでも強さを見せていると紹介。女子ダブルスから強くなるとい・・・・

続きを読む