中国メディア・東方網は18日「ボロボロなイメージがある茅葺屋根の家が、どうして日本では観光スポットになるのか」とする記事を掲載した。

 記事は、中国では現在大部分の建築物が丈夫で防火能力が高い鉄筋コンクリート製であり、茅葺屋根の建物は脆くて防火能力が低いと認識され、国内からほぼ消失したと伝えた。

 そのうえで「しかし、日本には茅葺屋根で有名な特別な村がある。しかも毎年・・・・

続きを読む