中国メディア・東方網は18日、中国で開かれた国際競泳大会の男子背泳ぎ100メートルで、中国選手と日本選手が同タイムで優勝を分け合う結果になったと報じた。

 記事は、18日に行われたFINAチャンピオンズ・スイムシリーズ北京大会の男子背泳ぎ100メートル決勝で中国の徐嘉余選手が52秒97のタイムで優勝し、日本の第一人者・入江陵介選手も全く同タイムでゴールしたため、2人揃っての優勝となったと・・・・

続きを読む