三井E&S造船は15日、岡山県の玉野艦船工場で音響測定艦の命名・進水式を行った。三井E&S造船によれば、同艦は2900トン型音響測定艦の3番艦であり、「あき」と命名された。今後は「岸壁にて艤装工事を行い、2021年に防衛省に引渡す予定」となっているという。

 中国メディアの今日頭条は15日、音響測定艦について「ヒツジの皮を被った狼」であり、潜水艦に対する脅威は非常に大きいと主張する記事を・・・・

続きを読む