国内総生産(GDP)で世界一の規模を誇る米国の人口は3億2000万人を超え、GDP2位の中国の人口は13億人を優に超えている。日本の人口は1億2600万人ほどだが、それでもGDPで世界3位の座にあることが、中国人からすると不思議でたまらないようだ。

 中国メディアの百家号は13日、日本の人口は中国の広東省と同程度であり、国土面積は雲南省ほどしかないというのに、世界有数の経済規模をいかにし・・・・

続きを読む