この年末年始、中東地域の動向が世界の注目を集めた。1つは米国とイランの対立がエスカレートした問題で、もう1つは元日産CEOのカルロス・ゴーン被告によるレバノンへの逃亡劇だ。中国メディア・東方網は11日、ゴーン被告の逃亡劇が日本で早速ゲーム化されたと報じた。

 記事は、近ごろゴーン被告の日本からレバノンへの逃亡をモチーフにした「Ghone is gone」というタイトルのゲームが出現したと・・・・

続きを読む