イチゴを購入する際に、値段だけでなく品種で購入を決める消費者は多いのではないだろうか。日本には250種類以上のイチゴの品種があると言われているが、それぞれの品種の名称はなかなか凝っている。中国メディアの今日頭条はこのほど、「明らかにどれもイチゴなのに、なぜ日本人はこんなに多くの名前を付けるのか」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、イチゴの良し悪しについて「甘いか甘くないか」だけで判断・・・・

続きを読む