韓国・プサンで3月に開かれる卓球世界選手権(団体戦)の出場者を決める中国国内の卓球大会「地表最強12人」の女子で、不振が続いていた世界ランク6位の朱雨玲選手が優勝した。復活をうかがわせる朱選手の優勝だが、彼女には「日本選手に弱い」というイメージを払拭するという大きな課題がある。

 中国メディア・東方網は10日、「朱雨玲はどうして日本人選手にいつも負けるのか」とする記事を掲載した。 <・・・・

続きを読む