中国メディア・中国新聞網は9日、レバノンに逃亡した日産元会長のカルロス・ゴーン被告の記者会見で、唯一「あの日本のテレビ局」だけが会見場への入場を認められたと報じた。

 記事は、ゴーン被告が8日にレバノンの首都ベイルートで逃亡後初となる記者会見を開き、日産や日本の司法制度に対して猛烈な批判を展開したと紹介。この会見では日本の大手メディアのほとんどが会場への入場が禁止されるなかで「普段、わが・・・・

続きを読む