日本には老舗企業が多いが、これと中国でたびたび称賛されている「匠の精神」とは切っても切り離せない関係と言えるだろう。日本では各分野で専門の職人が活躍している。中国メディアの今日頭条はこのほど、「なぜ日本は匠の精神がこんなに浸透しているのか」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、日本の老舗企業は世界で最も多いと紹介。200年を超える老舗企業は、日本には3000社余りあるが、ドイツは800社余り、フィンランドやフランスなどは約200社で、日本は桁違いの多さだと比較している。

 では、こうした老舗企業を支えていると言っても過言ではない匠の精神はどういうことを指すのだろうか。記事は、機械的に仕事を繰り返すことではなく、「質の悪いものを作ることが許せない仕事に対する真摯な態度」のことだと指摘した。

 日本には、ありとあらゆる分野で技を極めた職人がいる。それぞれが自分の仕事に誇りを持ち、常に向上心を持ち続けている。例えば古い本を修復するプロもいて、「つまらない仕事に見えるかもしれないが、最後には奇跡のようにきれいに修復させてまるで魔法のようだ」と称賛している。

 なぜ日本では「匠の精神をこれほど極められる」のだろうか。記事は、こうした職人にとって仕事の最大の目的は金儲けではなく、質の高い製品をいかに作るかという仕事への執着で、常に頂を目指していると分析。実際、職人の作る製品は質が高いが利益はあまり出ないことが珍しくない。

 記事に対して、日本の職人らを称賛するとともに、中国では匠の精神を追求するのは難しいという意見が多くみられた。中国は「秦・漢の時代以降はゴミ」、「昔は兵馬俑という匠の精神があったのに」、匠の精神の前に「まずは生き残る必要がある」といった現実的な意見も見られた。日本でも職人が減ってきている現状があるが、それでも職人を尊重し「生き残れる」環境があると言えるだろう。こうした精神をこれからも大切にしていきたいものである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)