工作機械は「機械を作るための機械」であることから、マザーマシンとも呼ばれる。世界の工作機械産業において、圧倒的な競争力を持っているのが日本とドイツであり、中国メーカーも近年は成長を続けているが、日独のメーカーとはまだ一定の差があると言えるだろう。

 中国メディアの捜狐はこのほど、日本メーカーの工作機械は「10年使い続けても、加工の精度がほとんど落ちない」と驚きを示す記事を掲載し、いかにし・・・・

続きを読む