中国メディア・東方網は6日、日本で今年デビューする新しい新幹線車両について、乗客の安全を守る性能が大幅に高められたことを紹介する記事を掲載した。

 記事は、JR東海が5日に最新のN700S系新幹線車両を、東京五輪の開催に合わせて今年7月1日より東海道新幹線の営業運転に投入することを発表したと紹介。デビュー当初は5編成のみの運用で、2年後までに40編成にまで増やす予定であるとした。 <・・・・

続きを読む