日本の美食と言えば寿司、天ぷらなどが有名だが、多くの中国人にとって、そうした日本食よりもなじみが深いのがラーメン。中国でもいろいろな種類の麺類が食べられているが、それでも「日本のラーメンが好き」という人は多い。

 実のところ、ラーメンは一口食べると見た目のシンプルさと裏腹に複雑で奥深い味わいを楽しむことができる。日本のラーメンは他にはない味わいを楽しむことができるのだ。いったい日本のラーメンがこれほどおいしいのはなぜか? 中国メディア農村美食形はこの疑問に答えている。

 その理由の一つは日本人の食に対する要求レベルの高さ。例えば麺づくりを例にとって考えてみよう。麺は作りたてが当たり前。手間ひまを惜しまず、材料を厳選し丁寧に作っていく。小麦は厳選されたものを使用、製麺の過程も繊細で、少しずつ水を加え、その店のスープに合う自家製麺が使われているところもある。製麺過程では、その日の気温から麺を保存する時間、ゆで時間など、どれもきちんと計算されつくされている。もちろん麺のゆで時間も厳密に測定している。どれも手を抜くことがない。

 さらにスープ作りも欠かせない。そのお店独自のオリジナルの食材や調味料を、時間をかけてじっくり完成させていく。まさにラーメンの命が詰まっているといる。

 では、こうしたクオリティーのラーメンを中国で広めていくことはできるのか? 中国メディアは「実のところかなり難しい」と認めている。まず、日本と中国の気候の違い、水の違いなどもその壁を高くしているに違いない。さらに、製麺やスープの材料など、日本と同じ材料や条件で一杯のラーメンを作り上げることは実ところかなり難しい。そして作れたとしてもかなりコストが掛かってしまう。もちろん、技術的に困難だという点もあるだろう。実際、中国の日本式ラーメンが日本よりも単価が高めなのはこうした事情によるのだ。

 中国人が安くておいしいラーメンを味わうためには、やはり日本に旅行に行くほかなさそうだ。(編集担当:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)