中国メディア・東方網は7日、日本、中国、韓国におけるインスタントラーメンの食べ方の違いについて紹介する記事を掲載した。

 記事はインスタントラーメンについて、時間のない時、仕事などで疲れて食事を作りたくない時の強い味方として広く親しまれているとしたうえで、日本、中国、韓国ではその食べ方が微妙に異なっているとして、各国の特徴を紹介した。

 まず、中国人によるインスタントラーメンの食べ方については「卵とハム・ソーセージが不可欠だ」と説明。また、多くの人が麺の中に野菜を放り込むことを好むとし、インスタントラーメンの簡便さを維持しつつ、栄養バランスもバッチリであると伝えた。

 次に韓国人に食べ方については「非常に豪華である」と評価。鍋料理の中にインスタントラーメンを放り込むことが多く、その具材は野菜や肉に留まらず、中国の多くの地域においてなかなか食べることのできない海産物を惜しげもなく放り込むとしている。

 そして、日本人については「最も追求するのはあくまでも便利さ、手軽さであり、基本的にはお湯だけで調理して何も食材を加えない」と紹介。その様子は中国や韓国に比べると実にシンプル、質素であると伝えた。

 記事が「何も加えない」と紹介した日本だが、袋ラーメンを調理する場合には具材を別途用意する人も少なからずいるのではないだろうか。カップ麺については卵や白米、焼いた餅を入れることが多そうだ。

 カップ麺のスープに「シメのご飯」を投入するおいしさは、わざわざメーカーが商品開発に乗り出すほどである。ただこの食べ方は、中国の人には「どうして主食に主食を重ねるのか」と不思議に感じることだろう。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)